celux lover wedding株式会社がダイヤモンドに透明度を重視しない理由


ダイヤモンドの透明度は4C(大きさ・透明度・色・カット構成)の中で、
素人が最も軽視してしまいがちな価値だとも言われています。
その理由は、Imperfectionのような明らかに劣悪なモノを除いて、
ダイヤモンドの内部に微細な内包物や表面に傷があっても、
その外見の美しさの変化はほとんどないからとされています。
ダイヤモンドの美しさでどれが一番重要かは決めかねますが、
カット構成がしっかりしていませんと、
うまく光を反射できずに不格好なダイヤモンドとなり、
またカットがしっかりしていてもサイズが小さければ、
そのプレゼンス(存在感)は小さいものとなります。
そして、色は可能な限り透明でありませんと、反射する光が目立ちません。
しかし、内包物の有無はプレゼンス(存在感)の影響をほとんど与えないそうです。

celux lover wedding株式会社はVS2 (Very Slightly:2)以上の
ダイヤモンドを使っており、これは11段階の
評定中6番目の真ん中程度の品質になります。
Very Slightlyは10倍の拡大でも発見が困難とされていますが、
プロの頑張り次第では発見することは可能かもしれない程度の等級です。
しかし、肉眼ではほぼ不可能ですので、6番目程度の等級でも、
身に付ける分には全く問題ないランクとも言えます。

しかし、他の4C(大きさ・透明度・色・カット構成)は妥協してはいけません。
大きさこそ、celux lover wedding株式会社は
0.3カラット(結婚指輪の場合)を中心に使っていますが、
色は23等級中、上から3番目から。
カット構成もロイヤルセリュックスを始めとする
最高水準のプロポーションを用意しているのです。
色とカット構成は少しの妥協がそのまま肉眼で結果として分かりますので、
celux lover wedding株式会社はこの2つは決して低い水準、
どころか中ぐらいの水準すら使わないのです。

celux lover wedding株式会社が扱っている
ダイヤモンドの透明度は大したことがないかもしれませんが、
それは透明度の等級がそれほど見た目に反映されないからでもあります。
無理して高いダイヤモンドを身に付けるよりも、
見た目の変化がなければ可能な限り安い商品を提供した方が、
購入者にとってもありがたいのではないでしょうか。